俺のLifeHack

日常の様々に対する攻略法を俺がまとめていく。

心の火はキャンドルのように、誰かにうつしても消えないよ

f:id:orenolifehack:20170328185722j:plain

 

心の火

 

 

今日は何かの攻略法というわけではないことを書こうと思います。

しかしある意味、自分の人生を満足いくものにする為の、最高の攻略法なのかもしれません。

 

私たちの心には、いろんな状態があると思います。

やる気にみちて、幸せで満たされて、誰かの幸せを願えるような、正の状態。

そして逆に、全てに悲観的になってしまう、負の状態。

 

僕もあなたも、皆、上下上下しながら生きているかと思うのですが、中には、ずっと負の状態になってしまっている人もいますよね。

鬱々としてしまって、とても辛そう。

 

そんな人を見て、あなたはどう考え、どうしていますか?

そんな人が目の前にいた時に、何て言ってあげますか?

 

心はキャンドル

 

そういう人達は、心の火が消えてしまっているんです。

何か辛いことがあって、鎮火してしまい、真っ暗なところいるんです。

心の火が一度消えてしまうと、自分でまたつけなおすのって中々難しいんですよね。

 

でも、例えば本屋さんで見つけた素晴らしい本でまた火が灯ったり、誰かが励ましてくれたり、テレビで何か感動したりして・・・火が灯る。

 

誰かに火をわけてもらって、また灯るんです。

だから火がなくなれば誰かにもらいましょう。

誰かの火が消えていたら、火をうつしてあげましょう。

 

こちらの火をうつしても、こちらの火が消えることはありません。

きっかけをあげただけで、燃える燃料となるロウソクは、初めから皆持っていますから。

 

そして、そうやってうつしてあげると、自分だけで照らしていた世界が、その人の火も加わって、より明るくなるはずです。

だから、どんどんうつしてあげればいいんです。

 

なくなるものではないですし、喜ばれますし、自分の周りも明るくなります。

 

私たちは社会的な生き物で、人間関係ってとっても大事なものなんですよね。

人生終えるときにお葬式で何て言われたいか?から人生の計画を練りましょう、という話しがありますが、沢山の他者をどれだけ愛せたか、沢山の他者にどれだけ愛されたか、来世もまた会おうねと言い合えるかどうかが、最後に大切になってくる要素だと僕は考えています。

 

そう考えますと、火をうつさないという選択肢はありません。

もちろんタイミングはありますし、嫌いな人だったら無理することはないのですが、そうじゃないのなら、どんどんうつしてあげましょう。

 

その人も自分も、きっと見える景色が明るくなりますよ。

 

 

今回も読んでくれてありがとうございます。沢山の人にオススメ情報日々の学びを伝えられるブログを目指して、これからもどんどん書いていきます。

この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。良い励みになります。

よろしくお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com