俺のLifeHack

日常の様々に対する攻略法を俺がまとめていく。

何をやっても好かれないのならやってみて。超!与える人になる方法

f:id:orenolifehack:20170129154353j:plain

 

本当に好かれているのか?

 

俺は昔、いつも悩んでいた。人に好かれている気がしなくて、でも好かれたくて、会話の方法をよく模索していた。色んな本を読んで、会話の方法を掴み、ペースなども研究し、人と話すことはそれなりに出来るようにはなった。

 

今では好いてもらえる会話をそれなりにしているだろうとは思う。だが、いくら上手になっても何処かひっかかっていた。本当に好かれているのか?上っ面会話しやすい人になっただけなんじゃないか??

 

そんな思いを払拭する為、「本当に人に好かれる人はどうしているか?」を研究した末にたどり着いたのが、超与える人になるということだった。

 

身近にいた本当に好かれている人

 

俺の身近にいたボーカリストは、いつも人を愛していた。実際、愛してるぜと叫んでいた。笑

 

人の良い話は喜んで聞いていた。応援した。お前なら出来るよ、頑張れよ!と励ましていた。辛そうな人には、休めとか、今度飲もうよとか、寄り添っていた。もちろんこれらの行動は上っ面じゃない。その人の性格だった。

 

こんな人を憎む人なんてあまりいない。当たり前だろう。好かれると中々嫌えないものだ。しかもそんな親身に接してくれたら、間違っても敵ではない存在だ。

 

結局与える人が多く受け取る世界

 

がめつく自分からは提供せずに、相手からむしりとろうとする。そんな姿を見てしまっては、人に好かれないのは当然と言える。俺もそんな一面があるので、中々苦労した時がある。

 

しかし結局世界は与えたものが勝つ。沢山の労働をした人がお金を持つということは当たり前のことなのと同じように、沢山の奉仕をした人が沢山の感謝を受け、支持され、持ち上げられるのは当然と言える。

 

俺はもっと早くにこれに気づきたかったと、そのときは思った。

 

お金を払いまくれ、ということではない

 

では具体的に与えるとはどういった行動を指すのかということだが、まずお金を沢山払えということではない。そんな安易な与え方をしてはいけない。相手もお金をかけましたという恩着せがましさを感じるだけになるかもしれない。

 

大切なことはそんな表面的な事じゃない。相手に何をしたら喜んでもらえるか?を真剣に考えて、一つ一つの行動を行う事がまず基本的なことだ。

 

例えば最も基本的なことで言えば「会話」だ。会話でも与えることは無限にあるのだ。例えば悩み相談をされたのなら、悩みを解決する的確なアドバイスを一生懸命考えることも大切だし、アドバイスよりも聞いてあげることが大切な場面もあるだろう。

 

嬉しいことがあったのならともに喜び、相手がもっと嬉しい気持ちになるのを手伝ってあげられる。そしてこの喜びが続くような提案も考えられるかもしれないし、その嬉しかったことが功績だったとしたら、SNSでつぶやいて、その人の承認欲求を埋めてあげられるかもしれない。

 

他にも、久しぶりにその人に会うときには、お土産を持っていくことも喜ばれるだろうし、楽しい、笑える話しを用意しておくこともその人を喜ばせることにつながる。

 

多少お金を使うこともケチらずに

 

仕事の悩みを持っている人がいたら、普段本を読んでいればだが、オススメの本をあげる、貸す、買ってプレゼントすることだって出来る。そういったお金の使い方は絶対にマイナスにならない。

 

相手は恩義を感じるし、もし俺が相手なら、そうまでしてくれて俺を助けてくれた人なのだから、相手に何かあれば助けてあげようと考える。これも自然な、当然なことだろう。

 

本なんて2000円もしないものだ。その2000円が誰かを救い、そして何かあったときには助けてくれる保険にもなる。実際はこんなことを考えながら渡すわけではないが、理屈で言うとそういうことなのだ。

 

手作りの効果は絶大

 

俺はイラレが触れるので、手作りメッセージカードなんかを作ってプレゼントにはさんでいるのだが、こういった手作りというものは、やはり心に響く。ラッピングなども大切なことだ。

 

与える手間暇が、愛情となって伝わる。愛が伝われば、もうその人が敵になることはないだろう。愛は人を簡単につないでくれる最強のコミニュケーションだ。

 

どんな仕事も行動も会話も、与えることを念頭に置く

 

心の中は常にギブアンドギブアンドギブ×100くらいで調度良い。テイクなんて一度置いておこう。これで好かれないなんて冗談だろう?と思う。それくらい効果が出る。

 

仕事するときも、相手が喜ぶように。間違っても迷惑などかからないように。同僚がやりやすいように。後輩が成長するように、上司が喜ぶように、会社が儲かるように。

 

何か行うときも、人と関わるだろうから、関わる人が喜ぶように。会話も、相手が喜ぶように。

 

注意。自分を置いてけぼりにしてはいけない

 

早速、与える人になろう!!と決断し動いてくれようとしたら大変嬉しいことなのだが、一つ注意。自分も大切にしなきゃいけないということだ。

 

相手を喜ばせようとしても、空回りすることだって沢山ある。良いように使われることだってある。金貸してって言われて返ってきてないお金だって俺にもある。笑

 

がむしゃらに相手に尽くそうとするあまり、手下、パシリみたいな存在になってはいけない。ちゃんと対等に接しよう。その上で愛を伝えていくのだ。

 

好かれたいあまりヘコヘコすることにならないよう、注意だ。

 

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた人はこのブログ村ボタンをポチッとしてやってくれ。沢山の人に伝えられるブログを作りたいんだ。よろしく頼む。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方には、以下の記事もオススメする。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com