俺のLifeHack

日常の様々に対する攻略法を俺がまとめていく。

仕事を押しつけられない方法

f:id:orenolifehack:20170120050510j:plain

 

他人を左右して労力をかけずに利益は最大限享受する・・・そういう事を考えている人は、きっと想像以上に多い。しかしそれは当たり前かもしれない。究極のところ、自分にしか興味はないものだ。

 

そんな世界に生きているのだから、左右されない方法、そして左右する方法は学ぶ必要がある。左右しにくい人、というのはもちろん存在するが、左右しやすい人も存在する。左右する側に回って、利益を享受しよう。

 

 

1、頼まれるのは悪い事ではない

 

今回のタイトルは仕事を押しつけられない方法なので、あたかも仕事を頼まれるのは悪い、かのようなタイトルだが、そういうことを言いたいわけではもちろん、ない。

 

仕事を頼まれない状況というのは、単純に、この人に仕事を頼むべきではないと思われているからだ。仕事を頼めば悪い結果に繋がると思われているのだ。

 

だから仕事を頼まれる、というのは、出来る、と思われていることなので、それ自体は良いことだ。

 

 

2、同僚との仕事量のバランスがおかしくなり始めたら、実行しよう

 

仕事を頼まれるのは良いこと。その仕事を就業時間内に終わるように頑張って行う。時には残業になることもあるが、それはまぁ、そんなもの。

 

しかし、たまに周りを見渡してみよう。自分だけが残りがちで、周りは帰っているという状況はないだろうか。こうなっていると、危険信号だ。

 

これはあなたが頼まれ役になっている可能性がある。頼まれ役になって仕事をバリバリやってアピールするのはいいのだが、私生活にまで影響しだすレベルにまで発展しないように注意しなければいけない。

 

仕事が終わっても、帰る時間が遅すぎて子供の寝顔を眺めるだけの日々、奥さんが作ってくれたご飯も冷たくなってしまって、折角の休みも仕事のことで頭がいっぱい・・・管理職にはよくあることだ。

 

こうなってしまっては、人生は台無しだ。なので、こうならないように、上記の状況になってきていたら、一度仕事のやり方を変えてみよう。

 

因みに頼まれる、とは、上司からだけじゃなく部下からももちろん来る。「この件なのですが、こういう風に進めてもよろしいでしょうか?」「分かった。確認をとってみるからその件はこちらで一旦預かろう。」

 

これで仕事は見事、しばらくあなたのものになった。こんな細かいたのまれごとも、つもり積もると良い鎖になる。決して千切れない鎖だ。

 

 

3、自分の仕事の状況を伝える

 

まず、頼んでくる相手のことを想像してみよう。頼んでくる相手は、頼みたい案件を持っている。そして頼めそうな人を探す。この時、実際に頼めるか頼めないかは確定しておらず、イメージ的に頼めそうかどうかというのが、まずはあるだろう。

 

そして頼んでくる。この時相手は、こちらの状況を知らない。案件を抱えまくっていても、知らなければ頼んでくるのは仕方がない。

 

ここで評価を得たいがために、やります!と安請け合いしてしまってはいけない。今抱えている案件をしっかりこなすのが最優先事項だ。頂いた仕事を期日までに終わらせるのは社会人として当たり前のことだ。

 

なので、ここでの正解は「分かりました。ですが今○○と○○を○日までに仕上げなくてはいけないので、○日のあとからでもよろしいでしょうか?」と伝えよう。○日のあとでは困るようであれば、違う誰かのところにまた頼みにいってくれる。

 

そこで同僚に手がまだ空いている人がいれば、そちらに仕事が回っていくだろう。こうやってバランスのとれた状況にしていこう。

 

一度分かりました、ということが大事だ。はなから跳ね返していては今後仕事を任されなくなるからだ。

 

 

4、詳細が決まるまで話を詰めておこう

 

案件は詳細が決まるまで話を詰めなければいけない。期日はいつだ、誰が何をやるんだ、報告する頻度はどれくらいだ、そういった期日をしっかり決めなければいけない。不確定要素も、不確定要素を誰が確定要素にする行動をするのか、しっかり決めてとりかかろう。

 

ここで、これは誰がやるのか、の話しが大切だ。あなたが本当にやるべきポイントをやり、他の事は誰かにやってもらおう。手が空いているのならもちろん、やればいいが、そうでもないのなら、だ。

 

 

5、上司も使おう

 

上司には二通りいる。頑張る上司と頑張らない上司だ。頑張る上司はどんどん使おう。頑張りたい気質なので、頼まれることが好きだ。時には手伝ったりして、関係を構築しながら協力してもらおう。逆に頼まれごともされるだろうが、それはこちらの状況に応じて受ける精神力が大切だ。

 

頑張らない上司は、基本的におだてよう。おだてて気分を上げまくるのだ。そして気に入られておこう。褒めれば基本気に入られる。そうなれば、頼まれごとをされた時も、状況を伝えれば、ダメ上司が動いてくれる。

 

 

6、まとめ

 

  • 頼まれがちなのは悪いことではないが、同僚との仕事のバランスがおかしくなりすぎたら、バランスをとりにいこう
  • ちゃんと状況を伝えれば、他の人に仕事がわりふられていく
  • 安請け合いはしないと決めよう
  • 上司すら使おう。気に入られていれば、頼んでみるとやってくれる

 

 

この記事を読んだ方には下の記事もオススメする。

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com