俺のLifeHack

日常の様々に対する攻略法を俺がまとめていく。

お誘いを断る能力を上げて自分の時間を作る方法。

ついついYESといいがちな気質。俺もそうだった。自称YESMANだったんだ。

 

しかしある時、「これは操られている状態ではないか?YESというほどに不自由になり、人の意思に従うことになるのではないか?」という考えがよぎった。そこからはどんどんNO!の数を増やし、自分の時間を取戻していったのである。

 

 

1、YESの未来

 

A「○○しないか?」→B「YES」

 

これは、AがしたいことにBが協力してくれることになったシーンを浮かべた。

Bは良い人である。Aの願望をかなえたのだ。その後にBも何かしらAに頼むこともあれば両者は良い関係だと思う。

 

だが、Aばかりになりがちな関係もあるだろう。俺はそうだった。俺はあまり人に頼まず、どんどん自分でやっちゃう。そうするとバランスがとれない状態になる。そして自分の時間だけが他人に搾取されていく。

 

人の頼みにYESと言うのは、上手く使えるならいいが、そうでもないのなら……

 

 

2、NOの未来

 

NOの力はすごい。頼みごとというのは、力をくれませんか?または、時間をくれませんか?ということなわけだが、それを防ぐ唯一の方法が「NO!」だ。

 

そしてこれは人によるがとても言いづらいものだったりする。好意的に思ってくれてる相手から何か頼まれてNOといえるやつは精神的になかなか強いやつだ。

 

しかししっかりNOと伝え自分の時間を確保し、作った時間で日々精進した未来はきっと奴隷人生ではなくなっているだろう。自分で未来を、流れを作っていけるようになる。

 

 

3、NOはシンプルに伝えるのが俺のオススメ

 

NO!と伝えるとき、優しい人、相手の顔色が気になっちゃう人はアレコレ考えてしまうだろう。そして理由を一生懸命考えるだろう。「実家が・・・」「彼女が・・・」「別件で・・・」

 

それが真実ならもちろんそれでいいのだが、NOを言う為に嘘を言ってしまうのはオススメしない。何故なら相手に真に伝えるべきは、「その頼みを僕は受ける気がありません」という意思を伝えたいのだ。

 

そしてまた次、同じようなお誘いがくる機会を減らす。その為には、「今勉強に集中しておりまして、申し訳ないのですがお断りさせて頂きます。」といったことを言うのがオススメだ。いやもちろんお誘いを断って遊ぶわけじゃなく努力するのだから真実だ。

 

これなら相手も悪い気がしないし、頑張っているんだと評価もしてくれる。大事なのは曖昧に伝えるのではなく、しっかり断ると言うことだ。言い切れるかどうかは大事だ。

 

 

4、NOと言うための準備

 

ただNOと伝えても、努力をしなかったら作った時間の意味はない。今自分はどんなことを勉強し、成長していくのか、いつでもパッと答えられる状態にしておかなければいけない。

 

いつでも答えられる状態ならば、NOはすんなり言える。俺はこうなりたい、だから断る。と伝えられる。

 

しかしここらへんの意思が曖昧になっていてはNOもキレがなくなり、YESにされてしまうかもしれない。まだ明確じゃないんですけどこういったことを~……ではダメなのだ。

 

こうこうこうしてこうする!!というビジョンをしっかり持とう。

 

 

5、名言から考察

 

 

一日一字を記さば

一年にして三百六十字を得、

一夜一時を怠らば、

百歳の間三万六千時を失う。

 

- 吉田松陰 -

 

毎日の塵のように小さな努力でさえ、積み重なると大きくなる。わずかな時間も大切に、自分の人生を生かしていこう。

 

時間を自分のものにしてしまえば、

多くの人が、一年でできることを

過大評価していること、

そして、十年でできることを

過小評価していることがわかるだろう。

 

- アンソニー・ロビンズ -

 

 

しっかり時間を作り、作った時間を無駄にせず濃密な時間を過ごして成長していこう。一度の人生を最高に生きよう。

 

この地上で過ごせる時間には限りがあります。

本当に大事なことを本当に一生懸命できる機会は、

二つか三つくらいしかないのです。

 

- スティーブ・ジョブズ -

 

 

友達や先輩との付き合いも大切だ。だけれども、それ以上に大切な、頑張っておこなかったことを後悔してしまうようなことはないのだろうか。俺にはある。そして時間は有限だし、体も衰えていく。人生は永遠じゃない。やるなら今すぐ、大事なことを優先に。

 

人生とは

今日一日のことである。

 

- デール・カーネギー -

 

 

今日死んでも構わないような生き方。憧れの生き方である。いつだって自分らしく生きる。生ききる。一日を全力で生きていく。そうありたいものだ。

 

時間の使い方は、

そのままいのちの使い方になる。

 

- 渡辺和子 -

 

 

これは心に刻むべきだろう。時間はいのちなのだ。時間は最も大切な財産なのだ。安易に相手にあげている場合じゃない。しかし、人に使うのが全て悪いと言っているわけではもちろんない。愛のために時間を使うのは非常に有意義だ。

 

24時間、自分のやりたいことだけやって

何が悪い。

それをやりつくしても、

時間は全然足りないのに。

 

- 山本恭子 -

 

 

画家らしい雰囲気を言葉から感じる。その通りだ。人生はいつだって好きにしてもいい。なのに協調性をいつだって期待され、何故か違う行動をするやつを皆はとめる。それは洗脳だ。洗脳を解いて自分の人生を生きよう。

 

 

6、まとめ

 

YESと言っていては自分の人生を作れない。NOと伝えて自分の成したい未来を作っていこう。自分の時間をしっかり守り、一度の人生を充実させよう。