俺のLifeHack

日常の様々に対する攻略法を俺がまとめていく。

ブログ記事の書き方、コツは〇〇作り

f:id:orenolifehack:20170404002602j:plain

 

文章を書く手順を決めてしまえば、楽になるよ

 

今日はブログを書きはじめた、ブログ初心者の人に向けて書きます。

内容は、ブログ記事を簡単に書く方法です。

 

何故これを書こうと思ったかというと、僕自身が以前、困ったからなんです。

内容はある程度決まっている(タイトルをつけた時点で決まっています)けれど、どうやって書いていくのが一番楽で、かつ画面の向こうの皆さんにも伝わりやすいか、読みやすいだろうか・・・?

 

と考えていたんですね。

 

これって終わりがないといいますか、常に考えるべきことなんだと思うんですけど、とりあえずの型を作らなきゃと思っていたんです。

 

もし皆さんの中に、これからブログを始める、または始めてまだ浅い方には役に立つことかと思いますので、見ていってください。

 

話しの出来は、目次作りで決まる

 

今回の記事で言いたいのはほぼこれだけです。

目次作りで90%決まる、というのが今の僕の結論です。

 

本屋さんに僕はよく行きますが、手に取った本が面白いかどうか、僕はすぐ分かります。

それは、タイトルと目次で判断出来ます。

 

タイトルで興味をひき、目次で大雑把な内容を、そして本文をチラチラっと見れば、どんな本かなんて大体分かるんですよね。

タイトルのインパクトも大事ですが、特に目次が大事です。

 

目次って、本文が伝えようとしていることを大きくまとめて言った内容になっているんですよね。

つまり、簡略化された本文といってもいいくらいなんです。

 

この目次作りが一番大切で、出版社の方も、目次が作れるなら本が書ける、とか言っちゃうくらい。

 

それはブログ記事を書くときも同じだと思って、目次から書いています。

今日の記事であれば、

 

・文章を書く手順を決めてしまえば、楽になるよ

・話しの出来は、目次作りで決まる

内容は補足くらいの気持ちで

文字数は気にしなくていい

 

という見出し、自分の中での目次を先に書いてから書き始めています。

 

内容は補足くらいの気持ちで

 

型枠を先に作ってある状態なので、そこに内容を流し込んでいく。

つまり本文を入れていくわけですね。

 

その型に合わせたものが出来るように、十分な量の説明を流し込んでいく・・・。

 

良い型が先に作れていれば、型に合わせた本文をいれるだけでいいものになります。

逆に型の無い状態で本文を形作ろうとすると、とても大変です。

すぐ崩れてしまう。

 

良い型があれば、勝手にメッセージは伝わる状態になっているはずですから、目次の意味を少し細かく説明するくらいの気持ちでいいんです。

 

 

文字数は気にしなくていい

 

目次から文章を作っていくようにすると、記事全体の文字数が減るかもしれません。

ダラダラと説明しなくて良くなり、簡潔にまとまる可能性があります。

 

だって、本当に大切なことは、目次の文章だけですから。

でも、文字数は気にしなくていいと思います。

 

記事を書く時に大切なことは、読む人が読んで良かったと思ってもらえたかどうかだけです。

文字数が少なくても、役に立った、楽しかったと思ってもらえたなら、それでいいじゃないですか。

 

SEOだといって、同じキーワードを狙いまくり、読みにくい内容つまらない内容になっては本末転倒。

お金を欲しがりすぎて、読んでくれる人達を考えなくなってしまうことは、よく起こる現象。

 

そんな風にならないように、文字数は置いておいて、読んだ人に何かしらのメリットがあればそれでいいんだという気持ちで書いていきましょう。

 

因みに文字数は200とか300文字しかないのに月何万pvとる人もちゃんといますので、やはり大事なのはそこじゃないよ~ってことですね。

 

では。

 

 

今回も読んでくれてありがとうございます。沢山の人にオススメ情報日々の学びを伝えられるブログを目指して、これからもどんどん書いていきます。

この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。良い励みになります。

よろしくお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

1日1食をやってみたい人、教えるよ

f:id:orenolifehack:20170402231045j:plain

 

1日1食のキッカケ

 

僕は1日1食に定期的にしています。

特に決まった期間があるわけではありません。

 

筋トレもしていますが、もうちょっと細身に調整しようかなとか、

時間が欲しいなとか、

節約メニューを食べてるけど、美味しいものを食べたいし、回数を減らして美味しいものを食べようかなとか、

 

つまり気分です。笑

 

そしてしばらく1日1食生活をして、また気分が変わってきたら戻すんです。

そんな気まぐれな1日1食をやっているのですが、結構やってみたい方っているんですよね。

 

でも、絶対続かない~と言われますし、あと、3食食べなきゃダメでしょ、という方もいますよね。

というわけで、今日は1日1食のメリットとデメリット、そしてやり方を記そうと思います。

 

役に立てば幸いです。

 

1日1食のメリット

 

痩せる。かなり痩せる。

すぐ痩せる。続ければ続けるほど痩せる。

すぐ腹が割れだす。

着たい服が着れるようになる。

腕とか血管が浮き出すので、女の子に好評状態になる。

 

時間が生まれる。料理する時間や食べる時間に加え、食べたあとのけだるさとかもなくなるため、時間が大量に生まれる。

日中眠くならない。

 

食事が1日に1回しかないので、食べようと思えば美味しいものが食べられる。

お金が減らない。

 

1日1食のデメリット

 

日中はずっとお腹が空いている状態になる。

周りから色々言われるため、健康面が気がかりになってくる。

慣れてないうちはストレスがかかる。

 

食事をかなり楽しみに生きている人にとっては苦痛でしかない。

 

 

1日1食をする時の俺のやり方と心構え

 

1日に1食しか食べないということで、食べる時は好きなものを好きなだけ食べて良し。

それでも太らないから安心して食える。

そして、1食しか食わないとはいえ、胃袋の大きさには限界があり、想像以上に食べられない。

やってみると分かると思う。

 

そして、食べるタイミングでオススメなのは、夜ご飯。

本来夜ご飯で食べ過ぎるのは良くない・・・太る・・・と言われているが、1日1食では摂取カロリーが届かないので太らない。

 

しかし、夜しか自分に費やしてやれる時間はないサラリーマンの人は、夜ご飯を食べ過ぎると集中力がなくなるので、昼にガッツリ食べるといいかもしれない。

そこは各々思考し、自分に合わせて調整で。

 

食べる内容は好きなものを、ということだけど、一応野菜はとったほうがいい。

全体的にエネルギー不足になりやすい生活なので、まんべんなくとれるように気を使いたい。

難しければ、サブリやプロテインで補いましょう。

僕はそうしてます。

 

心構えとしては、まず、中途半端に食べると腹がすく。

一度食べない生活に慣れてしまうことが大事ということ。

最初は腹減った~・・・を連呼すると思います。

だけど、慣れます。

 

あと、隠すこともないのだけど、むやみやたらに1日1食と言わない方がいい。

僕はまた食べたくなれば食べればいいと思っていますし、また食べ始めたら挫折してかっこ悪いとなりかねません。

「しばらくだけ食事抜いて運動してるんだ~ちょっと太っちゃったから~」程度に言っておこう。

 

ここで運動してると言わないと、リバウンドするぞうんぬん言われてやかましくなる。

プロテイン飲んで運動してる、夜はバランスよく食べていると言っておこう(実際そうしよう)

 

無理せず、人といる時は食べれば良い

 

ここ凄く大事です。

人と行動していて、お昼どきとかで、ご飯食べようか~ってタイミングきますよね。

 

その時に、あ、すいません僕食べなくて・・・なんてやらない方がいいです。

ご飯もコミュニケーションです。

協調性がないとみなされると色々厄介。

そんな時は食べましょう。

 

気を使うとしたら、量や内容に気を使いましょう。

ほかにも、友人に誘われたりしたなら、食べれば良いと僕は思ってます。

そんなところまで制限しだしたら、きっと爆発します。

 

流れに逆らわずやるのが、苦労なくおこなうコツです。

 

エネルギー不足だと感じたら糖分をとろう

 

1日1食をやりだすと、最初は頭がフラフラすることがあります。

そんな倒れそうというほどの大げさなものではありませんが、ちょっとエネルギーが足りてないみたいだな~と感じる状態です。

 

こういう時は、てっとりばやいエネルギーである糖分を摂取しましょう。

チョコやジュースなどですね。

結構なんとかなります。

パンを一個食べる、とかでも良いんですけど、中途半端に食べると逆に食欲がでてきたりしますので注意です。

 

 

まとめ

 

1日1食をすると、女の子にモテそうな体になる。(筋トレもしよう)

周りから変に心配されるので、バランスよい食事を食べてると言っておこう。

食べると逆にお腹が減るので、1食以外はなるべく何も食べないでおこう。

人からの食事の誘いがあったときは、例外として食べよう。

 

以上です。

当たり前のことしか書いてませんが、全て事実です。

僕的には食べない事への「慣れ」が一番大切ですね。

あと、別にいつやめたっていいという気楽さも大事です。

そんなせっぱつまってやらなくて良いと思います。

食事は人生の楽しみの一つ。

気負わずにやりましょう。

 

 

今回も読んでくれてありがとうございます。沢山の人にオススメ情報日々の学びを伝えられるブログを目指して、これからもどんどん書いていきます。

この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。良い励みになります。

よろしくお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

1日にどれだけ積み上げられるか力を高めようってこと

f:id:orenolifehack:20170402222229j:plain

 

一日一つか、一日三つか。

 

私たちの基本サイクルは、一日ですよね。

一日を重ねて、一ヶ月となり、一年となり・・・一生となります。

 

その一日一日の積み重ねにより、どんな人生になるかが変わってくる。

だとすればやはり、一日でどれくらい積み上げられるか、その量が問われます。

 

同じ一日10時間頑張っても、誰かは沢山成果を出し、誰かはあまり成果を出せない・・・なんてことは普通にあること。

そうなると差がついていくのは当然です。

 

勉強にしたって、一日6時間した人と一日1時間の人では差がつくのは当然。

では、どうするか。

 

効率を上げ、量もこなせるようにすることです。

効率は常に考えるべきです。

常にもっと効率の良いやり方はないか、考えましょう。

 

そして、量も大切です。

特に最初は。

量をこなす精神的体力も必要で、いきなりはつきません。

 

ですが、少しづつ少しづつついていきます。

ですから、少なくてもいいので続けて下さい。

何か褒美を用意したり、なんとかかんとか脳をごまかして、量をこなしましょう。

 

慣れとはすごいもので、慣れてしまうと褒美なしでも、努力できるようになったりするんですよね。

とにかく、なんとかあの手この手で最大限積み上げましょう。

 

人生をRPGだとすれば、沢山プレイして、経験地を集め、攻略情報も集め、効率よく進みましょう。

 

期限はいつだ?

 

目標はどれくらいに設定するべきか?

それは期限によります。

期限が決まっているものなら簡単。

逆算で済みます。

 

ですが期限のない目標なら、自分で設定しましょう。

期限のあるなしは、どれくらい頑張れるかにかなり影響します。

何事もリミットがなければ効率が下がります。

 

期限が近ければ、誰でも効率は上がってしまうんです(無理がかかるかもしれませんが)

期限を決めて、どれくらい費やさなければいけないか把握する。

 

そして費やすべき時間量がわかる。

しかしいきなりそんなには出来ないかもしれない(疲れてやめてしまうかもしれない)。

そこは自分とちゃんと会話しながら、「慣れ」ていくしかありません。

 

大丈夫です。

ちゃんと慣れます。

とんでもない環境に置かれても、人間って結構慣れてしまえるものです。

恐ろしいことに。笑

 

 

意識しないと、時間はすぐ過ぎていくよ

 

時間はあっという間に過ぎていきますよね。

一日にこれだけ頑張りたいんだ!と決めておかないと、出来るだけでいいや~っていうスタイルでは、休憩をはさみまくっている間に時間がどんどん流れていきます。

 

休憩を沢山挟むスタイルは長続きしますし、あまりせっぱつまらないのでストレスもたまりません。

ですが、休憩が間延びしてしまうことだってあるでしょう。

 

そういうときが一番危ないんです。

時間は有限です。

そして休憩時間は特に何も積みあがりません。

 

大切な回復時間ですが、回復する必要のないときに必要以上に回復に力を注いでいたら・・・もったいないですよね。

 

頑張りはじめた最初の頃はまだ、精神力が少ないので沢山回復しないと仕方ないかもしれませんが、ある程度精神力がついたのなら、休憩の割合を変えてみた方がいいかもしれません。

慣れてくると楽しくなってきたりして、もっと進めたい、どんどん進めたいって気持ちにもなってきます。

 

そうなれば何時間でもぶっ通しでいけばいいんです。

間に休憩を挟んでいる人とは、結果が変わってきます(休憩を沢山挟んでいても、やらないより絶対いいのだけれど)

 

 

昨日の自分を超えていけ

 

戦うべきは、昨日の自分です。

誰かライバルを設定するのでもいいのですが、一番強いライバルは、昨日の自分です。

 

昨日の自分に勝つには、少しでいいから何かを伸ばすこと。

変化させチャレンジしますから、昨日の自分より結果が出ないこともあるでしょう。

 

でも、こう変化させると悪くなる、ということを昨日の自分は知らなかった。

その分進んだ、ということです。

 

もし何もしなかったら、昨日の自分と引き分け・・・ではないのです。

年齢が重なったぶん、衰えます。

死へのリミットにも近づきます。

 

止まっているつもりが、下降しているんです。

歩いてやっと、キープくらい。

走ってやっと進み出すというイメージです。

 

 

やめてしまうほど追い詰めるな

 

ここまで、根性で頑張ろうみたいな雰囲気の話しをしています。

ですが、結局やめないことが一番大事だったりするので、やめてしまうほど追い詰めてはいけません。

やめてしまうほどではない、そのラインを上げていこう、そしてそのラインまで毎日なんとか頑張っていこう、という話しなんです。

 

現状、一日1時間頑張るとやめてしまうラインだって人は、1日50分くらい頑張れるように。

1日50分頑張るうちに慣れてきて、1時間30分がやめてしまうラインになる。

すすると、1時間15分くらいまで勉強時間を延ばしてみようとか。

 

少しづつ少しづつ、自分の精神状態と相談しながら積み上げていきましょう。

 

今頑張っていることは、決して無駄にはなりません(無駄にならないような目的、目標を定めましょう)

 

1日にどれだけ積み上げられるか力、今日も鍛えましょう。

 

 

今回も読んでくれてありがとうございます。沢山の人にオススメ情報日々の学びを伝えられるブログを目指して、これからもどんどん書いていきます。

この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。良い励みになります。

よろしくお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com