俺のLifeHack

日常の様々に対する攻略法を俺がまとめていく。

定期的に部屋のリセットをして、日々のクオリティを高めよう

f:id:orenolifehack:20170315201916j:plain

 

部屋の状態は心の状態?

 

僕の部屋は神経質ほど片付いてもいない。

かといって怒られるほどちらかってもいない。

普通程度だろうと思います。

 

それに合っているのか、心の状態も、超美しいわけでもなく、超汚れているわけでもなく、平和を願う心はある、くらいの綺麗さになっています。

 

よく部屋の状態は心の状態を表すといいますが、それなりに合っているのかもしれませんね。

ですが、部屋や机がグチャグチャでも成功している人たちはいます

心は焦り、急いでいて大変なのかもしれません。

その結果が、部屋や机のちらかりです。

 

しかし、最優先事項に全精力を向け、他は一切気にしない

気にもかけない。

ただそれだけを、という精神が彼らにはあったりします

ですので、部屋を綺麗にしないといけない、とは僕は考えていません。

 

ですが、最低限美しくしていた方が、日々のクオリティは上がりますよね。

いつか終わる人生ですので、この大切な1日1日を出来るだけ幸せに過ごしたい

 

では、部屋を美しくするにはどうしたらいいのか?

 

パターンにとらわれなくていい

 

僕は物事をパターン化させるのが大好きです。

そこに割く思考時間を、他の事の思考に使えるから。

 

部屋作りに関して、色んなスタイルがありますよね。

北欧インテリア、アジアン、ストリート、モダン・・・

色々なパターンがあります。

このパターンに合わせて、揃えてしまうというのも手です。

きっと一番楽。

 

ですが、今から全てを変えようと買い換えていくのは、結構大変な作業ですよね?

そこそこの値段で買った使い勝手の良い机なのに、目指すテイストと違うから手放す・・・なんて中々出来ることではありません。

 

そこで提案なのですが、パターンにとらわれずに、自分が美しいと感じるものだけを置く、というスタイルはどうでしょうか。

僕はこのスタイルが結構好きなんです。

 

デメリットとして浮かぶのが、方向性がグチャグチャにならないのか?

ということなのですが、これが実はなりません。

そこに置いてみて、美しいと感じるのなら、今の部屋の方向に合っている証拠なんです。

合わないものを置けば、ちゃんと違和感を感じます。

 

もし誰かが違和感を感じても、自分が違和感を感じず、美しさを感じるのならそれでOK

だって自分の部屋なのですから。

 

物が少ないだけで、美しくなる

 

あなたが現在、どんな場所にお住まいかは分かりません。

ですが、もし引越したばかりのアパートやマンションなどを覚えているなら想像出来ると思いますが、何も無い部屋って、とても気分が良くて、とても美しく感じませんでしたか?

 

思わず転がりたくなるような広い空間・・・。

しかしその空間もあっという間に物に埋めつくされ、ひどくなると、脱ぎっぱなしの服や読みかけの本、食べかけのお菓子など、悲惨な状態になっていきます。

 

その悲惨な状態を引き起こす原因に、部屋に持ち込んでもいい物の許容量オーバーがあります。

小さな部屋に、ベッド、ソファー、大きなテレビ、パソコン机、本棚・・・どんどん大きな物を置けば、すぐにオーバーして狭い空間になるのは当然のこと。

ソファーって、どうしても必要でしょうか?

大きなテレビを置くために、部屋が台無しになってはいないでしょうか?

パソコンの机はなくてもなんとかならないでしょうか?

 

物はあればあるほど便利かもしれません。

ですがその為に日々のクオリティが下がっているかもしれません。

引っ越した当初のような清清しい空間は、日々を楽しくしてくれます。

 

なので僕は定期的に部屋リセットをしています。

一回全ての物を出してしまい、本当に必要なもの、そして美しいと思えるものだけを置きます。

そうすると、驚くほど空間が良くなり、とても幸せな気分になれます。

 

出してしまった物の中には捨てづらいものも沢山あります。

そのまま持っておくのなら、部屋の空間の美しさを阻害しない工夫をし、捨てるのなら思い切って捨てます。

定期的な部屋のリセットはオススメです。

 

届く書類は玄関で処理してしまおう

 

DMやチラシなど、色々なものが日々届きますよね。

ああいうのって宣伝の為に作られているものだから、美しさがこれっぽっちもないんです。

赤と黄色のセール文字がそこら中に書いてあって、視界の雑音といいますか・・・無い方がいいのは間違いないんです。

 

しかし、一旦部屋まで持ち込んでしまうと、机の上に置いてしまったりして、そのままになってしまうことってありませんか?

僕はよくありました。

そしてそのまま、その上に本が置かれたりしてしまい・・・全然使わないのに大切な空間を汚し続ける存在になってしまったりするんですよね。

 

だったら、部屋に持ち込まずに玄関で処理してしまいましょう。

玄関に小さなゴミ箱を置き、そこでいるいらないを判断すると決めるのです。

いるのなら持ち込めばいいのですが、いらないのなら必ずそこで捨てる。

 

中身を見なければ分からない封筒もその場で。

ハサミを置いといて空けられるようにしておきましょう。

 

これで不要なDM等が溜まって空間を汚される心配はありません。

あれは中々厄介な存在です。

 

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。沢山の人に伝えられるブログを作りたいです。よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

 

雪だるまを転がすように、お金を増やす考え方

f:id:orenolifehack:20170314232217j:plain

<a href="http://jp.freepik.com/free-vector/_1018972.htm">Freepikによるデザイン</a>

 

 

雪だるまを転がしていく成功方法

 

僕の父は経営者で、幼い頃から哲学的な話しを結構聞かされて育ちました。

父は本質的な話を好む人で、いつも「~とはなんだ?」といった質問をしてくる人でした。

例えば「友達とはなんだ?」といった質問です。

 

友達・・・とは?

友達って・・・なんだろう?

といつも頭を悩まされたものです。

 

そんな父に教えてもらった数々の考え方の中で、今も大切にしている事の一つが、

 

「まずは小さな雪だるまを作るんだ。どんなに小さくたって構わない。その出来た雪だるまを転がしていくんだ。最初はゆっくりと、しかし後から確実に、大きな雪だるまになっていく。」

 

です。

 

小さな雪だるまを転がしていく

 

まずは小さな雪だるまを作ることからです。

この雪だるまというのは、色んなものをさしています。

 

人脈で言えば、固い絆を結んだ人をまず一人作ることが、小さな雪だるまかもしれません。

勉強で言えば、算数の基礎をしっかりさせることかもしれません。

色んなことの、最初の一歩、という感じです。

 

ですが、一番あてはまるのは、「お金」です。

 

「まずは、まとまったお金を作り、そのお金を1円でもいいから増やすんだ」

といった話しだったと思います。

 

10万円ためて、何か企てて、10万1円にする。

10万100円にする、

10万1000円にする。

11万円にする・・・

 

少しづつでいい、確実に確実に、雪だるまを転がしていく。

初めはまだ小さな雪だるま。

 

仕事をしながら、貯金して、雪だるまに雪をくっつけつつ、転がして転がしていく・・・

するといつか爆発しだすときがくる。

300万円が350万円に・・・500万円が600万円に・・・

 

元となる雪だるまが大きくなるほど、次の雪がくっつく量もどんどん大きくなります。

一度転がしただけで、どんどん大きくなるのです。

 

焦らずに地道に進めという教えだった

 

成功したいと焦って、失敗する話しは山ほどある。

確かに勝負をする時というのはあって、そこでドンと一歩踏み出せるか、というのは大事なことだとは思う。

 

しかし、人によりけりなんじゃないか、と僕は思っている。

リスクを避け、地道に地道に進んでいくのも一つの道だ。

もちろん避けきれない時はあるけれど、そこも慎重に慎重に、作った雪だるまが壊れないように。

 

僕はこの地道に進んでいくのが、かなり性に合っているようだ。

確実に大きくなっていくのが、安心感もワクワク感もあってとても楽しい。

 

このブログだってそう。

記事が増えて積みあがっていくのが、とても楽しい。

 

今数人でやっているビジネスもそう、無借金で、どんどん雪だるまを大きくするイメージでやっている。

 

投資もそう。僕はハイリスクハイリターンではなく、ローリスクローリターンを高速で回すようにしている。

 

そんな悠長な事は言ってられない。急いでいるんだ!という方もいるかもしれません。

であれば、この地道なコツコツをもっと早くするという手もあります。

1日でコツコツ・・・のスピードを、

1日でコツコツコツコツ・・・までいけるように。

もっとはやくしたいなら、コツコツコツコツコツコツコツコツ・・・までいけるように。

 

ローリスクで確実に積みあがっていく成功方法は、楽しく成長出来るのでオススメですよ。

しかもローリスクな手法というのは誰でも出来るのがいいところ。

もちろん根気が必要にはなりますが、つみあがっていく楽しさを実感出来れば、やめられなくなるはずです。

途中の、成果を感じるポイントまで、頑張って転がしていきましょう。

 

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。沢山の人に伝えられるブログを作りたいです。よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

 

時には流れに身を任せて、判断を委ねる。

f:id:orenolifehack:20170313225030j:plain

 

自分だけの場所ではない

 

僕は複数人数でビジネスをやっています。

まだ小さいビジネスですので、全てが順調ではありません。

ですが、僕は一応代表の立場です。

最後の判断は、僕に委ねられています。

 

しかし、他のメンバーにもやりたいことがあり、意見があります

ほとんどが譲り合える意見だったとしても、時にどうしても譲れない意見だって出ます。

そういう時は、僕が代表だからといって、無理に押し通したりはしていません

 

一人一人を代表者として、当事者として見ている

 

僕が代表。

とはいえ、皆にとっても、この場所は人生がかかっている、自分の大切な場所なんですよね。

一人一人に夢があり、その夢が集まって集団になったんです。

 

リスクを背負うのはトップで、だからこそトップの意見は通る。

確かにそういうものかもしれませんが、リスクを背負うなんてことは僕の中では当たり前で、別に気にしてもいなくて、それよりも、皆の好きな場所であることをキープすることの方が、僕にとっては重要です。

 

僕は、世界中、どこの組織にいっても、全員が楽しく働いている、というのは未来では当たり前になっていて欲しいと願っています。

それには、全員に裁量権があることも重要だと思ってるんですよね。

 

自分で決められるって、リスキーではありますが、やっぱり楽しいじゃないですか。

責任が生まれ、やりがいも生まれ、自分のゲームがスタートする感じといいますか。

 

そんな風に、一人一人が代表者のように考え、社員全員が毎日思考している組織にしたいと考えて、自分の意見を押し通さないようにしています。

 

押し通すのは幸せの理想、理念だけ

 

もちろん押し通すというか、揺るがせられないことだけは、意見を通します。

それは、決して人を裏切るような企業にならないようにしようだとか、世界に貢献しようとか、幸せを願い、どうしたらもっと満足してもらえるかを考えようとか、そういったことだけです。

 

そもそも誰も反対はしないので、押し通すというのも変なのですが、もしこれが揺らぐような状況になってしまったら、利益を捨ててでも元の状態に戻そう、ということなんです。

 

利益を捨てる、となると反対されるかもしれません。

ですが、こういったことだけは揺るがしてはいけないと考えています。

 

自分を信じても、過信はしない

 

僕は自分を信じている方だと思います。

でも、過信はしていません。

僕にも沢山の良くないところがあり、沢山間違えてきて、これからも間違えます。

 

だからこそ、僕は自分の意見に固執はしていません。

そして、僕には優秀な仲間たちがいます。

僕から見ても、誰かから見ても優秀な仲間たちの判断なのですから、僕と違う意見を出してきて、そこに熱量を感じたら委ねてしまうことが多いです。

 

そして大抵それは、大惨事にはならなかったのです

仲間全員がその意見で行こうと決めたのだから、協力して、ダメそうになっても意見を出し合って協力して乗り越えています。

 

もしここで、「ほらみろ、俺の意見が正しかっただろう?」という気持ちでいたなら、きっとすぐに組織は崩壊してしまいます

これを代表がやってしまうと、たちまち皆は不幸になってしまうでしょう。

 

皆がそんな代表の態度に耐えてくれたとしても、もう幸せな自分の場所という認識はなくなるはずです。

だってそこに自分の自由はなく、自分の意見を出しても失敗すれば馬鹿にされる怖い場所になってしまうのですから。

 

皆の意見をしっかり聞く。

自分の判断が正解だと思わない。

一度決めたら協力して、上手くいくように皆で精一杯やる。

シンプルなことですが、僕はこうしています。

 

社長は孤独について

 

一人で責任を背負い、一人で考え、一人で道を切りひらいていく・・・

社長は孤独だとよくいいます。

確かに、そういうものかもしれません。

僕だって孤独だなぁと感じたことはあります。

 

でも、仲間の意見を大切に出来ている時は、全然感じません。

むしろあたたかく感じます。

 

こんなまだまだな自分に、こうしたら良くなるんじゃないか、ああしたらどうだと意見をくれるって、とてもありがたいことなんです。

そのありがたい意見をずっと言ってもらうには、相手の意見を尊重し、どんどん採用することです。

失敗しても責めないことです。

何故ダメだったのか、次はどうしたらもっと良くなるか、一緒に考えることです。

 

一緒に理想や夢を作りあげていく仲間なのですから、一人で責任を感じて固くなりすぎず、信じて委ねることも大切です。

 

時には流れに身を任せて、判断を委ねる。

崩壊してしまってはもったいない。

バランスをとりながら、皆の大好きな場所を作る。

 

組織を作る際は、僕はこういうスタンスですが、私生活における人間関係では自分の意見を大切にして、好きに生き、好きな人と話し、バランスをとりすぎないようにしています。

組織にいるときは、という話しでした。

 

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。沢山の人に伝えられるブログを作りたいです。よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com