俺のLifeHack

日常の様々に対する攻略法を俺がまとめていく。

変化を恐れず、失敗を恐れず、恥を恐れず、成長を求め続けよう。

 

f:id:orenolifehack:20170312212425j:plain

 

書き方の変化

 

俺のLifeHackを始めてから・・・3ヶ月半ほど経ちました。

このブログの目的は、日々の学びを沢山の人に伝え、共有すること。

今までに学んだことを共有すること。

オススメのデバイスを共有すること。

 

沢山の方から頂いた学びに、自分のフィルターを通して、出来るだけ多くの人に分かりやすく伝えたいと考えて書いています。

 

イメージとしては、高校生くらいの子に話しかけるような気持ちで書こう、と考えていましたが、書く内に、こうしたほうがいいかな?こうかな?ああかな?と出てくるもので、書き方はどんどん変化していってます。

 

それも、僕は最初のイメージに縛られすぎずに、「もっともっと良くするには?」と考え、どんどん成長していきたい思いからです。

 

変化を恐れない

 

そんな、書き方を変えるという変化でさえ、多少の恐れを感じます。

人は変化を恐れてしまうものです。

それは仮に、良い事だとしても、です。

 

変化にはメリットもデメリットもあるものです。

例えば、キャリアアップを求め転職したなら、給料は上がるかもしれないけど、大変さも上がるかもしれないし、もしかしたら前の職の方が良かった・・・なんてことも起こりえます。

 

未来は分かりません。

そう考えると、変化はやはり、恐ろしく感じるものです。

 

しかし、変化を恐れて止まってしまえば、上っていきたいと考える人にとっては、悪いことしかありません。

 

例えば、先ほどのキャリアアップ。

もしこのキャリアアップの選択があるのに、恐れてやめてしまったとしましょう。

 

そうすると、未来のあなたはきっと後悔するでしょう。

大きな後悔か、小さな後悔かは分かりません。

ですが、行動しなかったことは、後悔を生みます。

 

享受するはずだったメリットもなくなります。

 

そして、変化をしない人間には、変化を好む人間は集まりにくいです

つまり、止まった人たちが周囲にいる状態となるでしょう。

 

例え止まっていても、年月は過ぎていき、年をとり、老後がやってきます。

その時に振り返って、後悔せずにいられるでしょうか?

 

止まることを悪いと言っているのではありません。

それぞれの人生です。

ですが、このブログを見ている人は、きっと上昇志向を持っているんじゃないでしょうか?

 

だとしたら、変化をしなければ後悔するはずです。

僕もそうです。

でも皆が皆、そうではありません。

止まり、時を楽しんでる人もいます。

その人にとってはそれでいいんです。

でも僕らはきっと違います。

 

だとしたら、変化を恐れず、変化を楽しみ、メリットデメリットをどんどん受け止めていくしかありません。

 

失敗を恐れない

 

ベタな話しかもしれませんが、失敗は成功の道中、過程です。

失敗した、というのは、成功に一歩近づいた、と言っても過言ではありません。

 

失敗を恐れ、チャレンジしなくなれば、成功するはずがありません。

何もやらなければ、何も変わらないんです。

何も変わらなければ、成功することはありません。

 

失敗はむしろ誇らしく思っていいことだと思います。

だって、チャレンジは怖いことなのですから。

チャレンジしたその勇気は、十分に誇れることだと僕は感じます。

 

その失敗した数。勇気を振り絞った数。努力した時間。

全てが尊く、陳腐な表現かもしれませんが、かっこいいものです。

 

最初のチャレンジで成功した方がいいといえば、いいかもしれません。

ですが、老人になって振り返った時に、どうでしょうか。

沢山の失敗をして、大変だったけど、自分の成功を信じて頑張って成功した。

それって、素晴らしい思い出になるんじゃないかと思います。

 

失敗の数を大切にする。

なんだかおかしな事に思われるかもしれません。

ですが、それぐらいでいいんです。

 

恥を恐れない

 

変化。失敗。そうなった時の恐怖。

その中に、恥ずかしいという気持ちもあると思います。

 

チャレンジした。頑張った。でもダメだった。

それを笑う人たちは一定数、必ずいます。

僕も笑われてきました。

裏でなんか言われまくってました。

過去形で書いていますが、今だってチャレンジしていますので、今だって言われています。

 

ですが、慣れてしまいました。

慣れてしまうと、何も気にならなくなります。

そして、悪く思う人が一定数いる状態って、普通なんです。

むしろいない方がおかしいんです。

だって、皆考え方が違うんですから。

 

恥ずかしいに慣れていないと、やっぱりチャレンジする一歩が、踏み出しにくくなります。

なので、恥じらいを出来るだけ排除出来るように、工夫しましょう。

 

例えば、チャレンジを言わない、というのはどうでしょうか?

内緒でチャレンジして、内緒で失敗するのです。

これなら誰も何も言いません。

成功したら、こんなことやってるんだ~と言ってもいいですし、言わないままでもいいですし。

 

人を巻き込むことなら、ネット上のことなら、匿名でやるのも手ですね。

もちろん名前を出した方が・・・という意見はあると思いますが、その前に恥じらいで一歩踏み出せない状況にいるのだったら、匿名にしてでも行動した方がいいと思うんですよね。

 

成長を求め続けよう

 

自分自身に毎日毎日、問いかけます。

「もっと良くなるにはどうしたらいいだろう?」

「もっと楽しむにはどうしたらいいだろう?」

「もっと貢献するにはどうしたらいいだろう?」

 

脳って不思議で、どんどんアイデアを出してくれるんですよね。

自分の一部でありながら、なんか特殊なものが入ってるんじゃないか?と思うほどです。

 

でもそんな脳も、問わないと動いてくれません。

コイツ、意外とサボり魔です。

そのくせ、どうでもいいことを常にボヤきつづけているという、中々じゃじゃ馬なヤツなんです。

ウチの子だけではないはずです。

 

しかし、問えば、そっちに動けばいいんだなと理解し、ちゃんとそっちにいってくれます。

大事なのは、問いなんです。

 

そして、脳が出してくれたアイデア

または調べた情報。

それを元に、また行動を重ねていく。

成長していく。

 

人って成長することが大好きな生き物だと思います。

でも努力は辛い。

だからしない。

しないと成長しない。

成長しないと楽しくない。

 

このループはかなり厄介です。

こうなると大変なので、なる前に、

成長大好き!もっと楽しく成長するにはどうんな方法があるかなっ!

と楽しく考えていきましょう。

 

まとめ

 

成功するには成長していくこと。

 

変化を恐れず、失敗を恐れず、恥を恐れず、成長し続けていきましょう。

 

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。沢山の人に伝えられるブログを作りたいです。よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

夢や目標を視覚化して、ワクワクが止まらない仕掛けを作ろう

f:id:orenolifehack:20170309104718j:plain

 

ワクワクはすぐに消えてしまうもの

 

夢や目標に向かって、今日もワクワクしていますか?

私たちの最も楽しいエネルギーはワクワクするあの心だと思います。

ワクワクしているときは、どんな困難も乗り越えていけるような気がするし、事実乗り越えていける。

 

しかし、そんなワクワクも中々長続きしませんよね。

あのワクワク感がずっと続いてくれたら、どんなに人生が楽しくなるだろうかと何度も考えました。

 

でも、例外なくワクワクは薄れていきます

初めはあんなに情熱が溢れてきていたのに、止めようと思っても止められないほどだったのに、あのエネルギーはどこへ・・・?

私たち皆等しく、そういうものなのです。

 

まずは、何もしなければそのワクワクは消えていくものだ、という前提を受け入れましょう。

 

ワクワクが無いと続けるのは苦しい

 

ワクワクは薄れた。

でも掲げた目標はあるし、今日も明日も一生懸命頑張ろう。

そうやって私たちは、自分に言い聞かせて今日も頑張っています

 

ですが、どこか苦しくはないでしょうか?

確かにやりたいことではあるかもしれないけど、ワクワク感のない努力とは、僕は苦しく感じるのです。

 

僕は、常にワクワクしていたい。

ワクワクし続けることができれば、無理なく成功できる

ずっと楽しさをキープしたまま成功できる。

 

それが理想であり、そうでなければ嫌でした。

じゃぁ、その仕組みづくりをするべきだと考えました。

 

 

ワクワクは視覚化することで戻ってくる

 

描いた夢が、ミュージシャンだったとしましょう。

ミュージシャンになって、大きな会場で演奏をして、拍手喝采されるような大盛り上がりを作ること。

それが夢だとしたなら、その光景を毎日、写真で見ましょう

1枚じゃなく、何枚も、ネット上で見つけられるはずです。

うわ~こうなれたらいいな~!!!!

そう感じる、これが夢だ!!と思える写真です。

 

もし俳優だとしたら、もし芸術家だとしたら、お笑い芸人だとしたら、大企業の社長だとしたら、大家族の親だとしたら、どこそこの国に住みたいとしたら・・・

 

夢や目標は千差万別ですよね。

その一人一人の目標を、視覚化しましょう。

僕にも色々あります。

ですが、一番ワクワクさせてくれる夢、目標は、海です。

とても美しい、海や島。

 

僕は何か努力する前には、そういった画像を見ます。

そういった画像を見て、お祈りをしています

自分に対して祈っています。

この夢を叶えたいです。俺さんお願いします、と。

 

ハタから見るとめちゃくちゃ怪しいかもしれません。

ですが効果は抜群です。

努力がスイスイ出来るようになります。

ワクワク感もずっとあります。

こんな幸せな状態で努力出来るのですから、やらない手はありません。

 

ワクワクし続ければ成功するし、そもそも楽しい

 

ワクワクが続くこと。

これは最も成功しやすい条件ではないでしょうか?

ワクワクのエネルギーとはそれほどすさまじいのです

 

楽しめる事柄で成功を目指すこと。

ワクワク感を持続させること。

 

これは成功を目指すときの大事な条件です。

 

もちろん楽しくない事でもお金持ちなどにはなれるかもしれません。

ですが、それだけでは成功だとは僕は思いません。

継続的に幸福感を感じられる状況になった人が成功者だと思っていますので、

ある意味ワクワクが継続している状態をキープできるなら僕の定義では成功者です。

 

ワクワクを継続させる工夫はこれだけではありませんが、一番効果が大きいのはこの視覚化だと思います。

他の方法も組み合わせながら、ワクワクを持続させましょう。

 

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた方はこのブログ村ボタンをポチッとしてやってくれ。沢山の人に伝えられるブログを作りたい。よろしく頼む!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方には、以下の記事もオススメする。

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

集中力を上げようとしても無駄!!集中出来る環境を作る方法

f:id:orenolifehack:20170308202444j:plain

 

集中力はあがらないと考える

 

以前、集中力をあげたいと思っていた。

集中力が上がれば、より作業に没頭出来るだろう、作業に没頭している状態はとても効率がよく、どんどん進んでいく。

 

その集中状態を作るにはどうしたらいいだろうか?

結論から言えば、今集中したいことに全身系が集中する環境作りをするのが最優先事項だという結論に達した。

 

集中力を上げるよりも、集中しやすい、集中してしまう状態を作ることに注力しようと考えた。

集中力を上げようとすれば多大な労力を要する

もちろん多少はあがるかもしれないが、それは大変な苦労だ。

それよりも仕組み作りに注力すべきだと思う。

 

では、集中してしまう環境作りとは、どんな環境だろうか?

それは【5感をシャットアウト】、つまり、【集中したい事柄以外の刺激を脳に送らない】ということだと考えた。

集中=一点に力を集める、と解釈したわけだ。

 

視覚のシャットアウト

 

では5感全てをそこに向けるにはどうしたらいいのか?

まず視覚だ。

視覚からの刺激はとても大きい

勉強したいのに大好きなゲーム、漫画、TV、その他なんでもいい、が視界に入っていて集中できるだろうか?

きっと多くの人は、この欲望に抗えずに集中力を削がれ、遊びはじめてしまうだろう。

 

だったらこれは全て排除すべきだ。

まず物は出来るだけ少ない方がいい

実際に視界に入るものの量や色を減らしてみたのだが、やはりシンプルであればあるほど集中しやすかった。

机の上は、勉強なら勉強に使うものだけ。

パソコンの作業ならパソコンだけ。

そうできるのが理想だ。

 

もしそれが難しければ、部屋を暗くするのもオススメだ。

俺は現在、間接照明を上からぶらさげて、部屋の本来のライトは消して作業している。

もちろん明かりが必要な時はつけるのだが、パソコンの作業や勉強くらいならこれで十分だ。

 

こうして部屋を暗くすると、ライトがあたっているところ以外は暗くなる。

すると多少の色があったり刺激があっても気にならなくなる。

暗くて見えなくするというのは、臭いものにフタをするようなものなので、出来ればちゃんと物は減らしたほうがいいだろう。

その上で暗くすれば更に集中はしやすい。

 

眠たい時に暗くすると眠気が襲ってきてしまうかもしれないので、自分の状態に合わせてやってみてほしい。

 

聴覚は音楽で

 

次に、聴覚だ。

聴覚もとても大切だ。

いざ勉強しようとしているところに、昼間、近所の子供たちの遊び声が聞こえてきて集中出来るだろうか?

あたたかい気持ちにはなっても、集中するということに関しては、絶対に防ぎたい音だろう

 

であれば、耳栓かヘッドホン、イヤホンをするという選択肢になってくる。

オススメはヘッドホンだ。

俺は音があった方が作業しやすい。

以前、東大医学部にトップクラスで入った子の勉強風景を映した番組がやっていたが、彼も大音量で洋楽を流しながら勉強するスタイルだった。

 

よく音楽を流すのは良い悪いの議論があるけれど、やってみて合う方を試すことをオススメする。

実際やってみれば自分で体感的にわかることだろうと思う。

 

イヤホンでもかまわないのだが、イヤホンは耳を圧迫される。

それが長時間になると、どうしても痛みというか、不快感を感じはじめるので、ヘッドホンにしている。

ヘッドホンも長時間つけっぱなしにすると不快感を感じてくるので、休憩をはさみ定期的に外している。

 

耳栓も圧迫感が強いので好きではない。

あと、無音より音がある方が作業が進むので、使っていない。

 

流す音楽は、youtubeで洋楽の、落ち着いたジャズなどを流しっぱなしにするのが俺の好みだ。

邦楽では歌詞の内容が邪魔をしてきてしまうので、オススメしない。

 

嗅覚は好きな香りを

 

次に、嗅覚だ。

これはシャットアウトするというよりは、良い状態を作ってあげればいいと思う。

俺はお香も香水の類も好きなので、少し香るくらいに使っている。

今から作業に入るぞという儀式も兼ねられるため、オススメ。

 

気温に気が向かないようにしよう

 

次に、触覚だ。

これは、気温調整を気をつけた。

集中するためには気を削がれないことが大事

なのに、「さむ・・・!」となっていては集中もクソもない。

寒くもなく、あつくもない、調度良い気温にするべきだ。

 

エアコンをあまり使いたくないのなら、冬なら電気カーペットなりなんなりを駆使して、気温が気にならないようにしよう。

 

飲み物は水がオススメ

 

次に、味覚だ。

これはあまり関係ないといえばないのだが、チョコなどは休憩中に食べるようにしている。

やはり、集中したいときに、「あ、チョコがある。食べたいなぁ・・・」なんていう気の逸れが起こらないようにするためだ

なので視界にいれない。

 

そして飲み物も作業中は水にしている。(そもそも俺はジュース類より水を飲むことが多いのだが)

ジュースを飲むと、糖分への欲求が強くなる。

そうするとまた集中力が削がれる・・・と俺は感じた。

 

まとめ

 

以上が俺の行った集中してしまう環境づくりだ。

これでかなり集中しやすくなると思う。

是非、集中力を高めたい!けど、何度頑張っても集中出来ない!という方はやってみて欲しい。

 

俺はいつも仕組みづくりを大切にしている。

楽に成果が出るのが一番良いのだ。

 

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた方はこのブログ村ボタンをポチッとしてやってくれ。沢山の人に伝えられるブログを作りたいんだ。よろしく頼む。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方には、以下の記事もオススメする。

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com