俺のLifeHack

日常の様々に対する攻略法を俺がまとめていく。

成功しないと成功しない。小さな成功体験を重ねよう。

 

f:id:orenolifehack:20170407121810j:plain

 

成功は行動で作られる

 

 

成功するにはどうしたらいいでしょうか?

僕は、答えは「行動」だと思います。

どれだけの量を「行動」したか?

 

 

もちろん才能という元々の素質も絡み、効率も絡み、時代に沿うかどうかの運もあるかもしれません。

ですが、行動量が一番大きい要素だと思ってるんですね。

 

 

だって、行動しないと何も起きない。

誰も、僕が何かやろうとしていることを知りようもない。

当たり前ですよね。

 

 

そして、誰かが1個行動している間に5個行動している人がいたとしたら、やっぱり5個行動している人の方が早く進む筈ですよね。

しかも時代は常に進んでいるので、1しか進んでない人は、進んでいるようで進んでいない状態かもしれません。

同じペース。

同じペースならマシなのですが。

 

 

行動が大切。

行動量が大切。

行動スピードが大切。

 

 

行動するには自信が必要

 

 

その行動をしようと思った時に、何が必要かと言うと「自信」が必要、だと思っているんです。

自信がないと、今行っていること、行っている自分の未来に不安になってしまう。

不安になってしまって、もっと堂々と行動を重ねればいいものを、歩みが遅くなってしまったり、押すべき押せない、そんなことになりかねない。

 

 

そもそも行動出来ないかもしれません。

自信がなさすぎて。

 

 

だから、チャレンジをするには自信が必要ってことになってきますよね。

その自信はどうやってつけるのか?

 

 

自信は成功体験から作られる

 

 

自信は成功体験でつくものだと僕は考えます。

皆さんも、何か上手くいった思い出が自分の自信に繋がっているんじゃないでしょうか?

 

 

上手く料理が作れた、皆が喜んでくれた→だから私は料理が上手いと思っている。

どんな料理も料理本を見れば、誰かは出来ないけど私は出来る→自信になる

 

 

ザックリ言ってこういうことが自信に繋がってきますよね。

自信は「成功体験」で作るんです。

 

 

成功体験は出来る範囲を達成することで得られる

 

 

でも自信がないから何もチャレンジ出来ない・・・だから成功体験も作れない・・・なんて状態だとすれば、それは大きなことに挑戦しようとしているからだと思います。

もっと小さな事から始めましょう。

 

 

上に料理をあげたのは、僕が料理が苦手だったからです。

苦手というより、大人になるまで経験がなく、目玉焼きも作ったことがありませんでした。

作ったことがないから、当然作れず、料理本を見てチャレンジしてみたところ、見事に美味しくない料理が出来てしまった。

 

 

でも、失敗してしまったのは、結構手間のかかる料理に挑戦したから出来なかったんです。

いきなり中級者みたいな料理に挑戦してしまったんですよね。

 

 

だからもっと簡単な、作業が2~3個しかないような料理にチャレンジしました。

失敗しようがない料理です。笑

すると、当然うまくいきました。

当然うまくいくものを作ったのに、とても嬉しかったのを覚えています。

 

 

その料理を何度も作り、手順を覚えてしまった頃に、また違う料理にもチャレンジして、覚えて、「少々とはどれくらいのことを言っているのか?」「アバウトにしていい部分はどこなのか?」

を覚えていきました。

 

 

今では料理本があれば何でも作れると思っています。

こうやって小さな事から順序を守り学んでいけば何だって出来るんだ、という思いの基礎となっています。

 

 

こういった些細な日常の成功体験も、自信に繋がります。

DIYが出来るようになった。

釣りが出来るようになった。

会話が上手くなった。

何でもいいんです。

あれもできる、これもできる、何かチャレンジしても自分には出来るという思い。

それが大切です。

 

 

ほんの少しの背伸びから

 

 

成功体験、喜びを感じるには、今の自分よりほんの少し背伸びした内容を挑戦しましょう。

つまり、今自分には出来ないけど、ちょっと頑張れば出来ることです。

 

 

英単語を10語覚える。

今の自分はその10語を知らない。

でも時間を少しかけてやれば、覚えられます。

 

 

新しい料理を覚える。

今は作り方を知らないけれど、本を見れば分かる。

 

 

こういった小さなことで勢いをつけて、あまり難しすぎない資格に挑戦してみる。

最初は分からないかもしれないけれど、焦らない。

何故なら、あなたは無理難題でなければ、どんなことも成功させられる

 

 

これまでも色んなことを成功させてきた。

小さなことなら成功出来た。

資格も、小さな記憶の積み重ねで成功出来るもの

続ければ出来る。

あなたなら、やれば出来る

 

 

大げさな事を言っていると思われるかもしれませんが、本音です。

大抵のことは出来るんです。

もちろん肌に合わないこともあるでしょうから、嫌なものに挑戦する必要はありません。

興味があるんだけど、出来るのかな?って思っている内容に挑戦出来るように、小さな成功体験を重ねていきましょう。

 

 

今回も読んでくれてありがとうございます。沢山の人にオススメ情報日々の学びを伝えられるブログを目指して、これからもどんどん書いていきます。

この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。良い励みになります。

よろしくお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

何故そうしたのか?を答えられるようにしよう

 

f:id:orenolifehack:20170407010029j:plain

 

なんとなく行動、なんとなく仕事は危険

 

突っ込まれると困ってしまう行動、皆さんはありませんか?

「これは何の為にやってるの?」

「えぇ~っと・・・」

 

 

すぐに答えられない行動って、結構あると思うんです。

この、すぐに答えられない行動っていうのは、要は自分の中でハッキリとゴールが決まっていない状態だってことなんですよね。

 

 

ハッキリとゴールが決まっていない行動・・・これって、すごく危険な、そしてもったいないことだと思いませんか?

 

 

だって、今、自分がどこに向かって歩いているのか分からないっていうことなんですよ。

これでは本来行きたかった場所にいけるのか、心配でならないですよね。

 

 

何故を答えられる時は、成果に繋がる

 

「何故これをやっているの?」と聞かれた時に、すぐ「〇〇を〇〇する為に〇〇しています」と答えられることは、もう自分の中で結果が、成果が見えている状態ってことです。

明確なゴールがあって、そこへの道筋が見えていて、そしてそこを描いた通りに歩いている状態と言えます。

 

 

正しい地図があって、そこまでの道をちゃんと把握していたら、どこにだって行けますよね。

そういうことなんです。

 

 

だから、ちゃんと答えられるようにするべきなんです。

 

 

何故を答えられないと、信頼されない

 

そして、答えられないデメリットに、成果が出にくいことはもちろんなのですが、信頼されないということも大きなデメリットです。

皆さんは信頼というものをどれだけ重要視されているでしょうか?

僕は、信頼、信用といった、時間をかけて積み重ねていかなければいけないものを、とても重要視しています。

 

 

信頼されて、仕事が来ますからね。

信用されて、何かを任せてもらえます。

 

 

では、誰かに仕事を任そうと思った時に、いつも「何故これをやっているの?」と聞いても分かっていない人と、ちゃんと答えられる人、どちらに頼むでしょうか?

 

 

絶対、ちゃんと答えられる人ですよね。

ちゃんと方向も定められないのか・・・任せるの怖いなって思うことって、普通のことだと僕は思います。

 

 

このデメリットは、非常に大きいです。

 

 

方向を定めるのは難しくない

 

しかし、現状出来ていなくても何も心配いりません。

これを直すのはとても簡単です。

 

 

まず得たい成果を明確にします。

身近なことで例えると、今晩の料理で家族に喜んでもらうことだとしましょう。

家族の喜びが、成果です。

 

 

その成果を出すために、献立を考えます。

普段好きなもの、よく食べているものを考えたり、聞いてみたり。

 

 

そしてメニューが決まったら、作り方を調べますよね。

そして材料を買いに行く。

 

 

もし一度では習得出来ない内容なら、事前に練習を重ねる必要がある。

それを逆算していく。

ただそれだけのこと。

 

 

これが料理ではなく、例えば・・・成功だとしましょう。

夢見る成功を手に入れたい。

その為に、英語の勉強をしよう・・・

 

 

これではいけません。

「何で英語の勉強をしているの?」

「なんか使う機会がありそうだと思って・・・」

 

頼りなく、信頼されそうにありません。

そうではなく、

 

 

成功を手にしたい。

海外でやるビジネスを考えた。

英語を話せる人を雇うのももちろんだが、会話程度は出来るようにならないとつまづくことも多い。

だから、日常会話程度までは出来るようにしよう。

 

 

簡単に書きましたが、こういう「〇〇だから〇〇している」を即答えられる行動をしましょうということなんです。

そう答えられる行動は、成果が出やすいです。

もう道筋は見えているからです。

 

 

日常の小さな事にもあてはまる

 

これは日常の小さな事でも同じです。

キツキツ感を感じるかもしれないので、日常の行動全てに明確な理由を持とうとは言えませんが、日常のことにもあてはめられることです。

 

 

明確な理由を持ち、なんとなく行動を減らすことで、自分の意図した人生の道を行く。

なんとなく生きていると、社会に飲み込まれます。

特にこれからの時代はそれが加速するように思います。

 

 

しっかり自分の定めた道を歩いていきましょう。

 

 

今回も読んでくれてありがとうございます。沢山の人にオススメ情報日々の学びを伝えられるブログを目指して、これからもどんどん書いていきます。

この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。良い励みになります。

よろしくお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

 

簡単に成長する方法

答えはそこら中に落ちている 

f:id:orenolifehack:20170406221702j:plain

 

私たちはついつい自分の頭だけで考えます。

いや、考えること自体は、とてもいいことです。

 

でも自分一人のアイデアだけで最高のものを作ろうって、中々難しいことです。

1~10までオリジナリティあふれる何かを・・・確かにそう出来たらすばらしいですよね。

 

でも、そこまでの力量がまだないのに、そこまでの望みをいきなり叶えるというのは、ちょっと自意識過剰と言えるかもしれません。

 

そこで、ちょっと周りを見渡してみましょう。

周りには、答えがいっぱい落ちていませんか??

 

例えばラーメン屋をやったとしましょう。

毎日毎日オリジナルラーメンを作るべく、店にこもりきりで試行錯誤・・・それも大切なことでしょう。

 

でも、その前に流行っているお店に学びにいきませんか?

ということなんです。

 

伸びる人は真似上手

f:id:orenolifehack:20170406222608j:plain

 

学びとは「真似び」が語源、という話を聞いたことがあります。

これを聞いた時に、「ほんと、そうだな~。」としみじみしました。

 

だって、僕が考えていることも、教えてもらったことばっかりなんです。

言葉もそう、知識もそう、全てそう。

ほとんど誰かから真似て、学んだものなんです。

 

コピーしまくった集大成なんです。

その中でも新しい発見をすることがあって、人類の大切な学びとして称され、皆が真似て、それは普通のこととなっていく・・・ということなんですよね。

 

なのに、真似るということを沢山の人がネガティブに受け止めています。

確かにパクりというのは犯罪です。

そのまんまじゃ、もちろんいけません。

 

ですが、組み合わせればいいんです。

 

大人の世界はカンニングOK

f:id:orenolifehack:20170406223344j:plain

 

 大人の世界はカンニングしてもOKなんです。

ただ、そのまんま答えを書きうつしてはいけません。

少し、表現を変えましょう。

 

同じ意味なのだけど、響きが違う、とかね。

より良くなっていればベストです。

 

誰かが最初にゲームを作ったから、もう誰もゲームを作ってはいけない、なんてことはありませんよね?

皆で真似しながら競争していくんです。

 

大事なのは、喜んでもらえるかどうか

f:id:orenolifehack:20170406224202j:plain

 

 お客さんが求めているのは、真似をしたかどうかということではありません。

お客さんにとって良いかどうかだけです。

お客さんはとても正直。

値段と質でシビアに判断します。

 

その時に、どこそこのラーメンを真似したんじゃないか!!なんてことよりも、

どこそこのラーメンと似ていて、接客も良くて値段も良い!!立地もいい!!

となれば、そこのラーメン屋さんに行く人は増えるでしょう。

 

こんなもんです。

だから、どんどん真似しましょう。

一つだけじゃなくて、沢山のエキスを吸収して、あなたというフィルターを通せば、自然とどこか、違いって出るものです。

 

同じ食材を用意して、同じメニューを作ろうとしても、違いが出るように。

 

誰しも長所がある

 

 まず真似から入ること。

そして、沢山沢山真似て、吸収すること。

そして、組み合わせること、試してみること。

 

この組み合わせのセンスに、それぞれの元々のセンスが響きます。

その人にはその人の個性がやはりあって、だから違うものがちゃんと生まれる。

 

真似をして、そこにあなたらしさをプラスして、今までになかったものが出来上がる。

これが一番簡単に成長する方法であり、王道です。

 

是非、どんどん真似していって欲しいと思います。

僕も、どんどん真似をして、誰かの喜びにフォーカスして頑張ります。

 

 

今回も読んでくれてありがとうございます。沢山の人にオススメ情報日々の学びを伝えられるブログを目指して、これからもどんどん書いていきます。

この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。良い励みになります。

よろしくお願いします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com