読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のLifeHack

日常の様々に対する攻略法を俺がまとめていく。

1万時間の覚悟より1冊だけ頑張ろう

勉強

f:id:orenolifehack:20170322033220j:plain

 

とりあえず、実用書を1冊

 

先程、少し厚めの実用書、教科書を勉強し終えました。

5日くらいかかったでしょうか。

全然触れたことのない世界だったもので、どちらかと言えば苦手意識のある世界だったのですが、1冊勉強したことで少し自信になりました。

 

そしてまた別の勉強に移ります。

それには理由があります。

今日はそんな話しを書こうと思います。

 

1万時間の法則の蔓延による恐れ

 

1万時間の法則というのを聞いたことがあるでしょうか?

ざっくり言えば、沢山のプロとアマチュアを調べた結果、プロは1万時間の努力をしていて、アマチュアは努力時間が全然足らなかった!というものです。

 

僕はこの話し、結構好きです。

時間をかけるというのは大変なことで、いつ成果が出るのかも分からないけど頑張る、そんな時にこの法則の話しはきっと背中を押すでしょう。

 

しかし、例えば今、Aさんが何かを始めてみたい!何か情熱を注げるものを!1万時間の情熱を注げるものを!と考えていたとします。

そして、Aさんは情熱をかけられるものを探すだろうと思います。

自分のやりたいこととリンクしているもの、得意そうなこと、色々ノートに書き出してみたりして、探します。

 

でも、Aさんの才能、情熱を傾けられるものは、今までの経験にはないかもしれません。

世の中には無数の物事があります。

もし経験がなかった場合、経験するまではきっと分かりません。

 

でも、1万時間頑張れないとプロになれないと思い、やるんだったら1万時間、そう考えていたら一歩目を踏み出すのが恐ろしくなる、そんな人は多いみたいです。

やるんだったらしっかり最後まで・・・それでは1歩目が重くなるのは当然ですよね。

 

ほんの触りでいいから経験してみる

 

ほんの触りでいいんです。

色んな事をやってみましょう。

好奇心旺盛な資質は成功に繋がります。

心にある好奇心を大切にし、育てていきましょう。

 

触りを経験するくらい、すぐ終わります。

例えば僕が今回勉強したことなんて、合計10時間・・・くらいでしょうか。

多くても20時間くらいで終わる感覚があります。

 

その20時間で、その物事の大方は大体分かるようになります。

そして、その大方が終わるというのが大事です。

 

大概、最初の段階は凄い勢いで成長するものです。

よく、RPGゲームなどでは、最初のレベル上げは簡単なものです。

敵を数回倒すとすぐにレベルアップ。

しかし高いレベルになればなるほど、沢山敵を倒し、時間をかけないとレベルが上がりません。

 

これは勉強も同じです。

95点を98点にする努力と20点を50点にする努力は全然違ってきます。

後者の方はきっと簡単に上がりますが、前者の方は必死に努力して3点アップとかです。

 

そう考えると、一番お得な努力は、触りの部分と言えます。

そして50点とるところまでいけば、まだ分からない所がどれだけあるかもわかりますし、どれくらいの努力をするべきなのかが分かる。

 

そこで初めて、この教科で100点を目指すか?を考えれいいのです。人生の選択は。

 

初級をクリアしまくるのは効率が良い

 

この作業も出来る。料理も出来る。操作が出来る。この動画も作れる・・・

そんな多彩な人、たまにいますよね。

それって、初級をクリアしまくる程度で結構出来るんです。

 

初級クリアとはいえ、経験ゼロではありませんので、経験ゼロの人からすれば、おぉ、あれも出来るのかこれも出来るのか、と映ることでしょう。

 

そして、その中からもっと時間をかけたいものが出てくれば、頑張りましょう。

僕もそうしてる中で「これは頑張りたい!!」と思えるものを見つけて、今に繋がっています。

 

見つけてからも、色んな事を経験するようにしています。

それには大した時間はかかりませんからね。

 

実用書1冊だけでもやる。もしくは読む。

それだけでも分かることは沢山あります。

 

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。沢山の人に伝えられるブログを作りたいです。よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

好かれる、喜ばれる人に共通する3つのこと

人間関係

f:id:orenolifehack:20170319113612j:plain

 

人に好かれる度合いには差がある

 

人に喜ばれる人でありたい。

人に好かれる人でありたい。

それは承認欲求からもそう思うし、そういう人であれたら自分を誇れるという思いもある。

 

10人いたら統計的に2~3人には嫌われてしまうものらしく、それは仕方がないと受け入れる必要がある。

しかし、その2~3人にとてつもなく嫌われるのか、それともあまり好かれていない程度になるのかぐらいは、周りの人を見ていると、左右出来るものだと感じる。

 

嫌われてしまう人たちはとても嫌われてしまっている。

もっとこういう風にすればいいのに・・・皆さんもそういう人を見ると思うこともありますよね?

 

僕は人気者、交友範囲の広い人を見ていて共通することは何か?を探していた時期があります。

その中で、コレだなと思った3つのことを記します。

皆さんの日常での参考になればと思います。

 

1・相手が喜ぶことを考えている

 

まず一番大事なのが、相手が喜ぶ事を考えている、ということです。

喜ぶ、もしくは何か解決してあげる事が、彼らは非常に多いです。

 

自分の価値というのは、喜ばせるか、または解決してあげるかのどちらかで決まりますので、出会う人出会う人に、どうやったら喜ばせられるだろう?何か解決してあげられることはないだろうか?

と考えて接していたら、好かれるのは当たり前と言えます。

 

それは必ずしもお金がかかることばかりではなく、ちょっと何かを持ってあげることかもしれないし、何か手伝ってあげることかもしれない、話しを聞いて欲しいのかもしれない、アドバイスが欲しいのかもしれない。

 

お金をかけなくても、してあげられることは沢山あります。

彼らはそういうことを沢山している人だと感じました。

 

以来、僕も意識的にそうあるようにしたら、即感じられる程に好感度があがりました。

あまり意識していなければ、今日からすぐに始めて頂きたい。

いいことをして好かれれば、自分に自信が持てます。

好かれなくても構いません。

なにせ良いことを考え、良いことをしているのですから、いずれ良い道に繋がるのは間違いないのです。

 

2・楽しい話しの引き出しが多い

 

これはすぐには難しい人もいるかもしれません。

彼らはフットワークが軽く、好奇心が旺盛な人が多いんです。

その為、色んな経験地が高く、そこで起こった様々思い出、ハプニングの経験が沢山あります。

そこで、家にこもりがちな方とは、話しの引き出しに雲泥の差が出ます。

 

もちろん、中にはショックな出来事も起こるのですが、辛い出来事も過去になれば思い出、笑い話しになってしまい、沢山の経験は、話すだけでまた人に喜ばれる材料となります。

 

人によりけりなので難しいことかもしれません。

ですが、すぐ始められることとしては、未経験にどんどん飛び込んでいく一歩として、食べたことのないものを食べるようにする、という方法があります。

 

常に食べたことのないものを食べようとすると、はじめはかなりチャレンジングです。

なにせ食べなれていないものを食べるのって、未知数な行為です。

でも、これが楽しくなってくれば、きっと好奇心旺盛な人への第一歩となるでしょう。

 

未経験に突撃する勇気は、きっと人生を良くしてくれます。

 

 

3・見た目も好感度が高い

 

これはかっこいい、可愛い、という話しではありません。

好感度が高いんです。

それはまず、笑顔です。

彼らは楽しく生きているので、笑顔レベルが非常に高いんです。

 

彼らといるとこちらまで楽しくなってしまう理由の一つに、その笑顔。

そして服装も本人に良く似合っていること。

清潔感があること。

 

こういった見た目にも、ちゃんと違いがありました。

本人に似合っている服装というのは、中々大事なことです。

自分で自分の事を良くわかっていない、という人は結構多く、人が抱くイメージと自分が思う自分のイメージって結構違うんです。

 

これは人に色々聞いてみればわかります。

普段はこういう服装だけど、こうした方が似合うんじゃないかなぁ~ってのあるかな?と聞いてみればいいんです。

皆、結構教えてくれます。

でもそれに頼りすぎる必要はありません。

自分のしたいスタイルというのがあると思いますし、自分のしたいスタイルとの、調度いいバランスをとりましょう。

 

まとめ

 

相手に喜ばれること、解決してあげられる事を考える。

好奇心旺盛に、話しの引き出しが多くなるような生き方をする。

好感度が高い見た目になるよう、笑顔と服装を考えてみる。

 

こういった意識を、好かれる人たちに感じました。

彼らは意識的にやっていないことかもしれませんが、見習って、レベルアップしていきましょう。

 

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。沢山の人に伝えられるブログを作りたいです。よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

スマホのチェック回数を減らす方法

時間効率

f:id:orenolifehack:20170317092052j:plain

 

スマホチェック依存症

 

スマートフォンをついつい触ってしまって、集中したいことに集中出来ない。

そんな方はきっととても多い。

色んな通知が来るたびに画面が光り、チェックするようにこちらの意識を持っていってしまう。

 

そして一度、集中が途切れると再び集中するのに23分かかる、というデータがあるらしい。

では23分以内に通知が来続ければ、永遠に集中出来ない・・・ということになる。

これは恐ろしいことだ。

 

僕はスマートフォンをそこまでの頻度でチェックはしない。

でも昔はかなりチェックしていた。

なので当然、集中なんて全然出来なかった。

そんな僕がチェック出来るようになった、最高のやり方がある。

 

スマホを触らない時は機内モードにする

 

スマホをチェックして、また仕事に戻る。

そのタイミングなどで、スマホ機内モードにしてしまおう。

機内モードにすると、通信が遮断され、通知がくることはなくなる。

音が出ることもない。

 

しかし使おうと思えば、機内モードを外せばすぐ使える。

パソコンでいうところのスリープ状態のような感覚で、僕は使っている。

 

これがとてもいい。

まず通知が来ないから、自分の好きなタイミングでのみスマホをチェック出来る。

それまでは、誰かのタイミングによって意識を左右されていたわけだ。

なのでこれは、自分をちゃんと制御する行動の一つだと言える。

 

そして電池が全然減らなくなる。

スマホは放っておくだけでも、それなりに電力消費しているのは皆実感していることだろう。

何もしていないのに夕方になるとこれだけ・・・?という状況はよくあること。

 

だが、使わないときに機内モードにするだけでこれは解決される。

電池もちが大幅アップし、全然減らなくなるのだ。

是非やってみて欲しい。

 

電話がかかってくるかも?

 

電話がかかってくるかもしれない。

その時、機内モードになっていれば通知されない。

これは困る、という方もいるだろう。

 

電話をとっても構わない状況なら機内モードを外しておけば解決だ。

とても集中したい時間は、電話で邪魔されたくない。

そんな時は機内モードを使用し、電話をとっても構わない状況なら外せばいい。

 

使うべき時に使えばOKだ。

因みに僕はスマホガラケーの2台持ちな上に、ほとんど電話がかかってこないので、常に機内モードで大丈夫なほどだ。

 

もちろんLINEで電話をしてくる人もいるが、急用で一刻を争うという場面なんて一度もない。

急ぎの用事といったって、たかだか数時間。

そんなことに一個一個集中力を持ってかれてはたまらない。

 

きちんと自分を制御して、大切な集中する時間を守ろう。

それには機内モードを活用するだけで、大分良くなるはずだ。

 

今回も読んでくれてありがとう。この記事良いね!と思ってくれた方は、このブログ村ボタンをポチッとしてやってください。沢山の人に伝えられるブログを作りたいです。よろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事もオススメです。

 

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com

 

orenolifehack.hatenablog.com